お問い合わせ・ご相談はこちら

詳しいサービスの内容や導入のご相談・お見積もりは、お問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせください。

お問い合わせ 資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6414-4088

(受付時間 平日10:00〜18:00)

「ミキハウス=ベビー服」のイメージをアップデート。ターゲットの男子学生を捉えた「異業種コラボ」イベントの魅力とは

 
株式会社ミキハウス
事業内容
ベビー&子供服アパレル事業、出版事業、教育事業、子育て支援事業
従業員数
573名(2021年4月時点、グループ計)
課題
商品イメージが先行し、母集団の約9割が女性という偏りが生じていた
母集団におけるターゲット大学のエントリー率を高めたかった
導入の決め手
イベントで他社と共演することで、働く場としての自社の特異性をよりアピールできる
早期段階から活動している就活生と接点が持ちやすい
得られた成果
ONE CAREER経由のエントリーは3〜4割が男性であり、男性の母集団形成に成功
早期化に対応して大手ナビ解禁前の3〜5月で2,000人以上の母集団形成を実現
より就活に意欲の高いアクティブな学生と出会うことができた

 

『子ども文化創造企業』を掲げるMIKI HOUSEは、創業以来アパレルの枠を超え、出版、教育、スポーツ・子育て支援など、子どもと家族に関わる全ての分野を事業領域とし、挑戦を続けています。そんな同社が悩んでいたのは、男性からの応募が少ないこと。この課題を、ONE CAREERを使ってどう解決したのか、採用担当の人事部 神谷さんと中川さんに伺いました。

ベビー服のブランドイメージが先行し、男性のエントリーが集まらなかった

──ONE CAREER導入前の課題について、教えてください。

 

神谷さん:課題に感じていたのは、母集団の偏りです。当社はベビー服のアパレルブランドが有名なので「可愛らしい」といった企業イメージが先行しており、女性の母集団形成は順調に進んでいましたが、それに比べて男性のエントリーが少なくなってしまう傾向にありました。男性の割合は10〜20%程度でしたね。また、大手ナビサイトを利用してエントリーの数は確保できていても、狙っていた大学からのエントリーが十分に集まっていなかったことも課題で、母集団の質を高める取り組みを進めたいと考えていました。

 

──なぜONE CAREERを選ばれたのでしょう?

 

神谷さん:上位校学生に強いONE CAREERのイベントや求人掲載を利用することで、今までリーチできていなかった層の学生の認知を獲得したいと考えたからです。きっかけは2020年10月に行われた「西日本POWER LIVE」への出演でした。ちょうどその頃、当社は企業ブランドを従来の「ベビー・子供服のアパレルブランド」から「子ども文化創造企業」へと再定義していたため、注目度や規模の大きいONE CAREERのイベントでより多くの学生にその新たなメッセージを届ける狙いがありました。

ONE CAREERの魅力は”コラボ”。他社との対談で自社の特徴が浮き彫りに

──西日本POWER LIVEが最初のお取り組みということですが、実際に出演されていかがでしたか?

 

神谷さん:一言で言うと、めちゃくちゃ良かったなという感想です(笑)。そのときは、旭化成様とダイワボウ情報システム様との対談だったのですが、他の企業様と話す機会はなかなか無いので出演する側としても楽しかったですし、ユニークで視聴者の学生にとっても見飽きないのではないでしょうか。採用の観点でも、当社と全く関係のない業界の企業や影響力の大きな大手企業と並んで出演することで、これまで接点のなかった学生にも自社の魅力を届けられるのはメリットだと感じましたし、対談を通じて働く場としての違いを出しやすかったです。

 

──なるほど。他社との差別化という点で出演時に意識されたことはありますか?

 

神谷さん:意識していたのは、視聴後の学生に「この会社なんか変わってるな」という印象を残すことですね。当社は「人と違ってナンボ」というマインドの人が活躍しやすい、良くも悪くも変わった会社です。企画VTRや出演時のふるまい、エピソードを通して、内定者研修のありかたや社員の多様な生き方、事業での取り組みなど「世間の当たり前じゃないことを、当たり前にやっている」姿を見せました。

多くの学生に刺さるものでは無いかもしれませんが、そういう点に魅力を感じてくれる学生はいるはずだと考えています。

大手ナビサイト解禁前の3カ月で2,000名のエントリーを獲得。男性比率も1割→4割へ

──ONE CAREERを利用されて、採用にはどのような変化がありましたか?

 

神谷さん:ONE CAREERで早期から利用を始めたのは23卒採用からになるのですが、まずエントリー数について明確な成果がありました。大手ナビサイト解禁前の3〜5月で2,000名以上のエントリーが集まったのです。課題であった男性の応募比率も高く、他の媒体経由のエントリーでは男性の割合が1割程度でしたが、ONE CAREERは約4割となっています。また、早期であるほどエントリーに占める上位校学生の比率も高く、彼らを本選考まで案内できるようになったのも良いポイントでしたね。

 

中川さん:特にうれしかったのは、ONE CAREERを使う学生は就活への意欲が高く、アクティブ率が高いことでした。エントリー後のマイページのログイン率でいうと、他社平均が70%程度なのに対してONE CAREER経由の学生は86%となっており、その後のインターンシップへの参加率も高い。ただエントリーするだけでなく、その次のイベント参加などに繋がるアクティブな媒体だと感じています。

新卒採用は未来のファン創り。ブランドのメッセージを伝える事も人事の使命

──ありがとうございました。最後に、新卒採用で目指しているものがあれば教えてください。

 

神谷さん:新卒採用を通してミキハウスの「ファン」を作ることですね。これは採用課として果たさなければいけない使命だと感じています。もちろん採用の結果に繋げることも大事ですが、まずこのタイミングでミキハウスというブランドを知ってもらうこと、そしてブランドが持つ、ものづくりへの想いに共感してもらうこと。

こういった取り組みが、特にBtoC企業の採用では大事な部分だと思います。合否に関わらず、選考を受けている学生に「将来、この会社の商品を買いたい」と思ってもらえるようなファンづくりを進めていきたいです。そういう意味で、今後は大学1年生や2年生にもアプローチする方法も探っていきたいですね。

 

──今後ONE CAREERを通じて、どのような取り組みを行いたいですか?

 

神谷さん:ONE CAREERは他企業とのコラボレーションができるのが強みだと思っています。直近ではセミナーなどでの対談が主ですが、インターンシップでのコラボレーションなどもできると面白そうですよね。

そして、ゆくゆくはONE CAREERが発表している「人気企業ランキング」に載る企業になっていきたいと考えています。もちろんランキングが全てではないですが、そういう場に名が上がれば当社のファンづくりを進められる接点が増えると思いますし、学生の間で「あの会社おもしろいよ」と後輩に伝えてもらえるような存在でありたい。その意味でも、学生との接点を広げることにはこだわっていきたいですね。

学生の本音をもとに、採用活動を。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6414-4088

受付時間 平日10:00 〜 18:00

⚠ 2022/1/31 17:00〜18:00 メンテナンスのため一時サービスを停止いたします。ご理解ご了承の程、よろしくお願いいたします