お問い合わせ・ご相談はこちら

詳しいサービスの内容や導入のご相談・お見積もりは、お問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせください。

お問い合わせ 資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6414-4088

(受付時間 平日10:00〜18:00)

「サービス業枠」からの脱却。掲載メディアの変更で選考通過率が2倍改善。

人事課 荻野佳奈子様
株式会社NSグループ
事業内容
サービス業(ホテル・ブライダル・レストラン等)
従業員数
約950名
課題
採用量は充足していたが、業界志望者以外の候補者と出会えていなかった。
有名ホテル、有名ブライダルなどの採用競合に対する敗退率の高さ。
入社後離職率の高さ。スキルがつくとすぐに転職してしまう状況が続いていた。
導入の決め手
幹部候補になり得る人材獲得に長けていると判断できたため。
ダイレクトリクルーティングより数多くの優秀な学生に出会えると考えたため。
得られた成果
説明会エントリー450名(参加者220名)
説明会参加者の併願業界・併願企業の多様化。その結果説明会参加から内定までの選考通過率が2倍に改善。

サービス業で「総合職」を採用する難しさにぶつかっていた

NSグループは、リゾートホテル事業、ウェディング事業、カラオケ・レストラン事業の3つの事業で、お客様の”日常のハレの日”を彩るサービス業を展開しています。ハニトーで有名な「カラオケ・パセラ」は学生もご存じの方が多いですね。
 
サービス業は身近な存在ですので、例年大手ナビサイトに掲載していれば、業界志望者からたくさんのご応募をいただくことができるため、採用人数としては充足していました。
 
しかし、良い採用ができていたかといえばそうではありません。サービス業を志望する学生にとって、弊社の立ち位置は二番手、三番手。一流ホテルや一流ウェディングと比較すると見劣りしてしまい、併願されるとまず負けてしまう。どうにか採用にこぎつけても、総合職のため志望事業・志望職種への配属が約束できず、希望通りの配属にならなければモチベーションの低下を招いてしまう。その結果、入社してしばらく育てたら「やっぱり憧れの業界、企業で働きたい」と転職していってしまうという事態が繰り返されていました。

弱みを強みに変える戦略転換と、思い切ったターゲットの変更

こうした状況に危機感を抱き、「NSグループ”でもいい”」と思って入社してもらう採用ではなく「NSグループ”でなくてはならない”」と感じて入社していただく採用を実現する方法を模索しました。
 
やったことは、「サービス業」というくくりを取っ払った時の自社の強み・弱みの分析です。弊社で歩めるキャリアは「特定の業態・職種」を極めたい方には不向きですが、「サービス業のビジネスモデルを知りたい、新規事業に携わりたい」といった方にとってはおもしろいキャリアです。
 
若いうちから複数の業態をわたり歩くことになるため、ホテルも飲食も新規事業もやれる。これからの時代、サービス業もますます変化を求められます。時代に適応し長く活躍できる人材になるために、実戦で学べる環境がそろっています。
 
そうした強みが刺さる層は「サービス業志望者」の中にはあまり多くない。そのためターゲットの変更が必要で、その集客手段も考えなければなりませんでした。そのことを相談した際に、弊社の採用顧問から「優秀人材」を採用するお勧めメディアとして紹介されたのがONE CAREERでした。当時は中途採用が安定してきており、新卒採用はますます「幹部候補生」が必要だという意見が社内で強くなっていたことも新しい施策にチャレンジすることを後押ししてくれました。

大企業・人気企業と横並びになることで、優秀な学生の反応が見える

応募者の質を上げたいと思った時に、ONE CAREERと比較検討したのはスカウト・エージェントなどのダイレクトリクルーティングです。こうした方法は一見効率よく質を上げる方法にも見えますが、私たちは欲しい学生が「企業に求めること」や「見ている競合他社」が曖昧な中直接アプローチするのは時期尚早だと判断し、掲載メディアを変えることを優先しました。
 
本気で採用力を向上するならば、優秀な学生が見ている他社と横並びで掲載され「比較されて勝たなければならない」と思います。それができないままダイレクトにアプローチをしても、振り向いてもらえる確率は低いままですから。実際にONE CAREER上で、自社の募集が名だたる企業と並んでいるのを見た時にはドキドキしましたが、そこで興味を引けなければ、本当の意味での採用改善は行えないですよね。
 
ONE CAREERで数多くの優秀な学生たちの目に触れ、その反応を見ることで自社の採用メッセージをより良いものにする。そこで成功したメッセージをダイレクトリクルーティングで送る流れをとることで、より効率的な集客につながっていると感じます。これは順番が逆であれば取れなかった手法です。

​​大手ナビサイトではできない、早期掲載の成果に驚く

掲載初年度、1〜3月の説明会募集をONE CAREERで掲載しました。大手ナビサイトは本選考ありきでこの時期の掲載が難しいため、早期にプロモーションできたメリットは大きかったです。説明会参加者の属性は予想以上に変化しました。変わった点は大きく2つです。
 
1つは男女比。例年サービス業界の志望者には女性が多い印象があったのですが、ONE CAREER経由の応募者は男女比が5:5で、中でも経営に興味のある層が増えました。2つ目は参加者の志望業界です。ONE CAREER経由の応募者は、サービス業界志望者よりも、不動産、人材、コンサル、メーカーなどさまざまな他業種志望の方々が溢れていました。
 
説明会で出る質問も変わりました。例年「配属はどこか?」「転勤はあるか?」など勤務条件に関する質問が多かったのですが、その年は「今後の事業展開は?」「御社で歩めるキャリアは?」など、幹部候補生に求めたい視点の質問が相次いだのは嬉しかったです。そうしたえはにもあらわれておりナビサイトのしてONE CAREER内定2いというになりましたいわゆるトップコンサルティング企業を受けているような学生にも内定を出せたのは、例年の採用とは大きく違った結果でしたね。ONE CAREERへの掲載が、とても効果の高い採用活動につながったと思います。

掲載してわかった「クチコミメディア」のメリット

掲載した結果気付いたことなのですが、ONE CAREERのようなクチコミメディアへの掲載は、優秀層からの認知度がまだ低い企業にとって、低予算で行えるブランディングにもなります。現在ONE CAREERでの弊社の選考のクチコミが4.1と非常によく、有名他社にも引けを取らない点数となっていることは、採用に好影響を及ぼしていることを実感します。大手ナビサイトからの応募者の中にも「ONE CAREERのクチコミを見て応募した」と言ってくださる方々がいらっしゃいました。ONE CAREERのユーザーからの認知度を高め、クチコミを投稿してもらうことで、「就活人気企業」と言われるまで成長していきたいですね。

サービス業のイメージ変革を行っていきたい

「サービス業」は就活市場ではまだまだネガティブな立ち位置にいると思っています。だからこそ業界にとらわれないビジネスの面白さを発信していきたい。取り組み初年度はONE CAREERへの求人掲載のみでしたが、一定の有効性を確認できたので今後はブランディングを強化するためにより幅広い施策にチャレンジしていきたいです。
 
私たちは「サービス業をやりたい」わけではなく「サービス業を通して世の中を変えたい」と思っています。そのためには世の中を一緒に変えてくれる人材に出会う必要があります。そうしたメッセージを学生に届けていきたいですし、ONE CAREERへの掲載が、確実にその一歩になったと感じています。
その他の導入事例

学生の本音をもとに、採用活動を。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6414-4088

受付時間 平日10:00 〜 18:00